電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-8-6
階層クラスター分析を用いたモジュール型強化学習法
○新井健太・中村真吾(芝浦工大)
強化学習の問題として状態関数の指数関数的拡大があげられ,この解決策としてモジュール型強化学習が提案されている.しかし,モジュールの入力は人の手に依って決められている.本研究では,階層クラスター分析を用いて,モジュールの生成と,その入力を決定する手法を提案する.具体的には,重要なイベントの起きた環境状態を階層クラスター分析にかけ,変動係数から重要度の高い状態をモジュールの入力とする.本論文では,提案手法をテレビゲームに適用し,評価を行った.実験ではモジュールを2つ生成し,クラスター分析により入力次元数を12次元から5次元と7次元に減少させることができた.