電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-6-4
C-RAMベースビット直並列構造VLSIプロセッサの構成
○夕部直人・望月 明・羽生貴弘(東北大)
計算量の多い次世代情報通信端末用LSIでは,処理能力の高さとエネルギー効率の良さの両立が望まれる.本稿では,空間的並列&ビット直列構造を有するアーキテクチャの一つ,Computational Random Access Memory(C-RAM)を活用し,エネルギー効率を考慮した新しいVLSIプロセッサアーキテクチャ(ビット直並列混載構造)について考察した結果について述べる.