電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-5-1
SNS上の企業の発信情報に対する読み手の感情推定に関する検討
○岩田麻佑・服部 元・滝嶋康弘(KDDI研)
近年,商材の宣伝や顧客へのアクティブサポートなどにSNSを利用する企業が増加している.このような情報発信は,企業の印象向上のために重要な方法の1 つと考えられる.しかし,情報発信する側にとって,どのようなトピックを扱い,どのような表現を用いると,読み手に良い印象を与えられるのかを予想するのは難しい.そのため,システムが,発信前の情報に対する読み手の印象を予想できれば,発信情報作成の手助けになると考えられる.そこで本稿では,Twitter上の企業の発信情報(文章)に対して読み手が受ける印象(感情)を推定する方法について検討する.単語unigram,発信情報のジャンル,顔文字の有無を利用したSVMによる推定の結果,61%の精度で感情を推定できることを確認した.