電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-3-5
静的コード解析によるリソース捕捉・解放関数抽出
◎南田幸紀(NTT)
一般的な静的コード解析ツールは、malloc/freeのようなよく知られたメモリ捕捉・解放関数の使い方の誤りを検出することができるが、アプリケーション開発者が独自に定義したリソース捕捉・解放関数の使い方誤りを解析することはできない。リソース捕捉・解放関数の使われ方には一定のパターンがあることに着目し、ソースコードからリソース捕捉・解放関数の組を抽出する方法を提案する。