電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-2-1
成長型自己組織化マップを利用した成長する感覚運動写像の実現
○徳永憲洋・佐藤文彦・松田成午(水産大)
本研究では,経験とともに自ら成長する感覚運動写像のモデルを提案する.本提案手法は成長型自己組織
化マップをベースとしたネットワーク構造を有する.提案手法はロボットが経験を通しながら様々な行動パターンを生成し,かつ自ら適切な行動を選択できるような成長をする学習システムを構築できる.また,少ない経験で十分な対応ができる学習が可能となり,かつメモリ消費も少なくなると期待できるものである.