電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-1-8
複数の研究室への同時配属問題
○安藤大地・真鍋義文(工学院大)
学生が複数の研究室へ配属される,1 対複数の配属問題を示す. この配属問題は学生が同時に複数の研究室に配属される場合や, 他に研修生が複数の研修プログラムへ配属される場合に利用することができる. 学生が1つの研究室に配属される場合の研究室配属問題に対しては,学生側は戦略的操作不可能性を持ち, 正当化された不満のないアルゴリズム,ES-DA メカニズムが考えられている[1]. このアルゴリズムを応用することにより全員が複数の配属先を得て, 正当化された不満のない配属ができるための条件を明らかにした.