電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-1-4
ゲーム戦略に基づく動的リンクとネットワーク構造の形成
○河内康宏・浅香 緑(群馬大)
バラバシとアルバートらは成長と優先選択の2つの法則によってスケールフリーネットワークが導出されることをモデルによって証明している。優先選択はすべてのノードの接続情報を知る必要がある。しかし現実ではネットワーク上のすべてのノードの接続情報を知ることができない場合もある。またネットワークは動的に変化する場合もある。本研究では進化ゲームにおける応答戦略をもちいた、エッジの接続と切断を行うモデルを作成し、どのような条件下でスケールフリーネットワークができるかを検証する。その結果、特定の条件を導入することにより、優先選択をもちいずにスケールフリーネットワークを得ることができた。