電子情報通信学会総合大会講演要旨
AS-2-5
指紋押捺時の圧力と指紋画像の動的関係を利用した偽造指紋の拒否方法について
○鳥海俊樹・岡田兼弥・吉田孝博・半谷精一郎(東京理科大)
指紋認証において、物理的に偽造された指紋に対する脆弱性を改善するために、指圧と指紋をリアルタイムで同期測定できるシステムを開発した。
同システムを用いて、5人の実指紋とプラスティック粘土を使って作った偽造指紋の指圧とマニューシャ数、指圧と照合スコアの関係を調査したところ、指圧の増加に伴う変化量が実指紋と偽造指紋で異なることが判明した。特に、指圧と照合スコアの関係では5人の偽造指紋をすべて排除できることがわかった。