電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-7-1
楽しい学びへの道 −3年間の活動とこれから!−
○原島 博(東大)・小粥幹夫(日本経済大)
総合大会での公開シンポジウムを過去3年間行ってきた。岡山、岐阜に次ぐ今回の総合大会では、生徒の主体的学びを促すアクティブラーニングが小学校、高校から大学までの広く広がりつつあることを紹介する。更にICTの活用よって学びの意欲を喚起する実践を伺い、本学会の研究対象とするコミュニケーションの基本や役割を考え直す機会とする。これらを通して、当初目標とした学会会員と現場の先生との繋がりと相互理解を深め、ICT 支援による支援の方向や内容についての議論を深め、これまでの活動を集約して一区切りをつけるとともに、新たな活動を展開する第一歩とする。