電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-4-4
“スキル標準-標準化人材に必要なスキルの評価"の現状と課題
○黒川利明・小町祐史・高橋茂樹(標準化活動スキル標準スタディグループ)
標準化活動には,標準化に関する知識・経験をもつだけでなく,コミュニケーション,ネゴシエーション,リーダシップ等の多様な能力をもつ人材が必要とされる.国際標準化が市場獲得の必要条件となり,組織,企業,国にとっての重要戦略に位置付けられている現在,標準化活動を行う人材の育成・確保が急務となっている.標準化に必要なスキルとそのレベルとを明確化する“標準化人材のスキル標準"このような標準化人材育成に不可欠である.2013年に公開された“スキル標準-標準化人材に必要なスキルの評価"は,そのような世界初の試みの成果であるが,実用化に向けて様々な課題がある.それらの課題とその解決に向けての検討成果について述べる.