電子情報通信学会総合大会講演要旨
D-11-24
超解像方式における画像の圧縮ひずみ除去に関する研究
○松村 翔・福岡貴史・櫻井 優・平野 智・後藤富朗(名工大)
近年,HDTV の普及により高精細な映像を一般家庭での視聴が可能となっているが,4K-2K や8K-4K ディスプレイなどの登場により画像表示装置のさらなる大画面化・高画質化が進むと考えられる.しかし,地上波放送にはブロックひずみやモスキート雑音などの圧縮ひずみが混入しており,超解像手法を用いるとこれらの圧縮ひずみが強調されてしまい画質が劣化してしまう.そこで本研究ではノイズ除去と超解像手法を組み合わせることにより,ノイズの少ない高精細な映像生成手法の検討を行った.