電子情報通信学会総合大会講演要旨
CT-1-4
単一磁束量子読出し回路による中性子検出器
○藤巻 朗(名大)・日高睦夫(産総研)・石田武和(阪府大)
100万画素モノリシック中性子イメージセンサの構想を紹介する。そこでは、新しい検出方法である超伝導直流電流バイアス運動インダクタンス検出器と単一磁束量子回路の採用が必須となる。現在、それらを一体化する新しい集積回路作製プロセスとともに開発中である。