電子情報通信学会総合大会講演要旨
CI-3-5
共鳴トンネルダイオードテラヘルツ発振器の進展と分析応用への展開
○鈴木左文・浅田雅洋(東工大)
我々が研究を進めているスロットアンテナ集積共鳴トンネルダイオード発振器に関して、狭井戸化、走行層最適化など高周波化についての取り組みと、オフセット給電アンテナとアレイ化による高出力の取り組みなどについて最近の研究成果を含め紹介する。さらに、新たに分光分析の応用を見据え、バラクタダイオードの集積による大幅な周波数掃引が可能な構造についても報告する。