電子情報通信学会総合大会講演要旨
CI-3-4
KTN光偏向器を用いた高速SS-OCT用200kHz波長掃引光源
○小林潤也・豊田誠治・佐々木雄三・上野雅浩・坂本 尊(NTT)・長沼和則・八木生剛(NTT-AT)・近江雅人(阪大)
KTN光偏向器を用い、200 kHzで高速動作するKTN波長掃引光源を開発した。この波長掃引光源は、200kHz動作時のコヒーレンス長が 〜7 mm、波長掃引幅が100nm超であり、SS-OCTシステムの要求条件を満たしている。この波長掃引光源を用いて、高速SS-OCTシステムを構築し、ヒト指のin vivo 2次元OCT像と3次元OCT画像を明瞭に観察することに成功した。