電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-14-18
光OOK重畳ファイバ無線システムにおける干渉抑圧法
◎金子裕哉・東野武史・岡田 実(奈良先端大)
光OOK信号を光源とした外部変調により,無線信号をIM/DD方式で送信する簡易な構成の RoFシステムが提案されている.
提案手法ではイーサネットのOOK信号へ重畳することで既設のファイバ網を利用できる.
しかし,提案方式では OOK 信号の成分が無線信号に干渉する.
本研究では外部変調器のバイアス点を変えることで,無線信号の EVMを改善できることを実験により確認した.
また,OOK 信号の電力を下げずに同様な効果を得る方法として,受信側で OOK 信号を再生し差分する方法を提案し,シミュ レーションによりその効果を確認した.