電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-12-2
テレスコピック型OPAの1/f雑音低減技術
○吉田 毅(広島大)・安藤博士・鈴木隆文(NICT)・平田雅之(阪大)
脳波検出において,生体とシステムのインタフェースとなるOPAの雑音を低減することは非常に重要である.特に脳波信号は周波数が数 Hz程度と低いため,OPAの1/f雑音を低減する必要がある.本研究では,MOSFETをスイッチングすることで1/f雑音を低減する手法について検討を行った.