電子情報通信学会総合大会講演要旨
C-8-7
単一磁束量子対を伝送するrf-SQUIDラダー回路の動作特性
◎辻 祐也・小野美 武・中島康治(東北大)
SFQ回路技術は消費電力の点で非常に優位であるが、基本動作がパルス論理であるため、精密な信号同期を必要とするとともに、半導体の回路方式を流用することができないという問題点がある。本研究ではその課題を解消するため、SFQ回路によるレベル論理方式に向けたrf-SQUIDラダー回路を提案し、その回路についてシミュレーションによって動作特性を調査した。バイアス電流による制御法では段数100までの動作を確認した。