電子情報通信学会総合大会講演要旨
BI-5-1
OTNインタフェース技術および標準化動向
大原拓也(NTT)
ITU-TにおいてBeyond 100G OTNの標準化議論が本格化している.100Gを超えるさらなる大容量化へ向け光伝送システムでは高度な変調方式,デジタルコヒーレント受信,フレキシブルグリッド,マルチキャリア伝送といった技術の適用が想定される.そのような技術トレンドの中で方向性を変えつつあるBeyond 100G OTNの最新動向を紹介する.