電子情報通信学会総合大会講演要旨
BCI-1-6
OAMを用いた光伝送技術
○淡路祥成・和田尚也(NICT)・戸田康則(北大)
空間分割多重(SDM)技術の一つとして、ラゲール・ガウスモード、或いは軌道角運動量(OAM)モードが海外を中心に注目を集めている。本稿では、OAMを用いた多重分離技術および、ファイバ伝送についての最近の動向を紹介する。す