電子情報通信学会総合大会講演要旨
BCI-1-3
マルチコアファイバ用融着接続技術
◎安間淑通・高橋 中・竹永勝宏・松尾昌一郎(フジクラ)
マルチコアファイバ同士の融着接続技術及び,数モードファイバや数モードマルチコアファイバにおいて重要になる高次モードの接続損失について検討を行った.マルチコアファイバ同士の融着接続においては,電極スイング機構による均一な放電及び,端面観察機能を用いた自動コア調心により,良好な調心精度かつ低損失での融着接続が可能となることを確認した.また,第1高次モードであるLP11モードの軸ずれによる接続損失を解析し,軸ずれの方向によってはLP11モードの接続損失がLP01モードに対して最大で3.5倍程度大きくなることを示した.