電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-18-14
RFID対応スマートフォン用トリアージ情報送信アプリケーションの開発
○小松宏平・阿部智史・今井博英・高橋 昌・木下秀則・西森健太郎・牧野秀夫(新潟大)
災害時には多数の傷病者が発生することが予想されるため,災害派遣医療チーム(DMAT,Disaster Medical Assistance Team)が現場に派遣される.こうした状況においては,傷病者の緊急度や重症度を迅速に評価し,治療や搬送の優先順位を決定するトリアージが不可欠である.本研究ではRFIDの一種であるシール型ICチップ(FeliCa-Lite,SONY)を用いて,携帯電話回線が利用可能な地域(中規模列車事故現場,病院等)におけるトリアージ情報の収集,及びWebGISを用いた配信を実現することを目的としたスマートフォンアプリケーションの開発を行い,実験を通して有用性の評価を行う.