電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-8-69
10G-EPONシステムにおけるPre-FEC BER測定手法
○池田奈美子・鵜澤寛之・寺田和彦・重松智志・小泉 弘・浦野正美(NTT)
 10G-EPONシステムでは、フレームロスを防ぐため、OLT及びONUにおける受信信号のpre-FEC BERの上限が標準規格で規定されている。そのため、本システムの評価やフレームロスを伴わずにシステム制御を行う際には、pre-FEC BERを正確に求めることが不可欠である。Pre-FEC BERを求める従来技術としては、FERを測定し、FERからpre-FEC BERを算出する手法があるが、pre-FEC BERが標準規格の上限値以下の領域では正確に求められないという課題がある。
 本稿では、10G-EPONシステムの評価及び制御に適用可能な、pre-FEC BER測定手法を提案する。提案手法では、FECにおける訂正ビット数を用いpre-FEC BERを算出する。シミュレーションによって、従来技術では求められなかった標準規格の上限値以下のpre-FEC BERを、提案手法により正確に求められる事を確認した。