電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-7-23
OpenFlowネットワークにおけるアトラクタ選択モデルに基づく適応的経路制御システム
◎渡辺俊貴・芦田優太・宮尾泰寛(NEC)
OpenFlowをはじめとするSDN(Software-Defined Networking)技術を用いた柔軟な経路制御の有効性が注目されており,静的に経路制御ポリシーを設定するのではなく,トラヒック変動やネットワークの故障等の外乱に対して適応的に経路制御することが期待されている.しかしOpenFlowではコントローラがネットワーク全体を集中管理して制御を行うため,ダイクストラ法などの従来の最適化手法を用いて適応的な経路制御を実現しようとすると,コントローラでの計算量が非常に大きくなり,トラヒック変動に即時対応できない.本研究では,生物の環境への適応の仕組みであるアトラクタ選択モデルをOpenFlowネットワークにおける経路制御に適用することで,計算量を抑えた適応的な経路制御を実現する.