電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-7-7
媒介中心性と次数を用いたリンクコスト制御による負荷分散手法の提案と実ネットワークへの適用性
○林 壮真・永田裕太郎・淺谷耕一(工学院大)
 インターネットは,多数のリンクを持つ少数のノードと少数リンクを持つ多数のノードが存在するスケールフリーネットワークであることが確認されている.スケールフリーネットワークでは,OSPFによって最小コストの経路を選択すると,接続リンク数(ノード次数)の多い高次数ノードに負荷が集中する傾向がある.そこで,ノード次数に着目した負荷分散手法が提案されている.しかし,低次数ノードであっても経由ノードとして頻繁に使用されるノードにも負荷が集中することがある.
 本稿では,媒介中心性の高いノードに負荷が集中する問題を解決するために,ノード次数に加えて媒介中心性に着目した負荷分散手法を提案する.また,現実的なネットワークに対する提案手法の有効性を検証する.