電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-15-22
基礎律動に基づくユーザの驚き・戸惑いの推定に関する基礎的検討
○菅沼 睦・石黒真人・亀山 渉(早大)
近年,生体情報に基づくユーザの興味度,嗜好や感情状態のリアルタイムな推定が注目されている。本研究では脳波(基礎律動)に基づくユーザの驚き・戸惑いの推定に着目し,その基礎的な検討を行った。実験課題として簡単な暗算課題を設定し,その際の脳波を測定した。実験課題の途中に正解が提示されない,あるいは,正解しているにもかかわらず不正解と通知するといった驚き・戸惑い状況を設定した。一部の被験者について,驚き・戸惑い状況において基礎律動の特徴的な推移がみられ,θ/α,β/α,γ/αが同期的に変動した。このことから,基礎律動に基づくユーザの驚き・戸惑い推定の可能性が示唆された。