電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-5-15
可視光無線LANにおける隠れ端末問題解決の一検討
○今村侑輔・松本充司・林 新(早大)
可視光通信を用いたWireless LANの構築において,LANを構成する各端末の送信用赤外線LEDは指向性を持っている.この指向性に起因して発生する隠れ端末問題を解決するため,無線通信におけるRTS/CTS方式をもとにアクセスポイントによる各端末との通信制御方法を考案した.本文では,MATLABを用いて,可視光LANにおける制御方法を導入した場合としない場合についてシミュレーションを行い,それぞれのスループットを測定することで評価・検討を行う.
その結果,本文で提案する方式を導入することで,制御できる通信端末数が増えることがわかった.