電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-5-8
OFDMシステムにおける両選択性スパースチャネル推定の検討
◎石川大地・宮嶋照行(茨城大)
OFDMにおける時変周波数選択性チャネルを推定する問題について, 基底展開モデル(BEM)による時間変動のモデル化が提案されている. しかしながら, インパルス応答がスパースなチャネル環境下では, スパース性を考慮していないため性能劣化の可能性がある. 本発表では, チャネルのスパース性を考慮したBEMによるモデル化に基づくチャネル推定法を提案する. これはBEM係数がブロックスパースとなる特徴を利用することで, ブロックスパース推定アルゴリズムによるBEM係数の推定を可能とするものである. スパース性を考慮しない手法よりも推定性能が向上することをシミュレーションにより確認している.