電子情報通信学会総合大会講演要旨
A-2-9
ノイズに誘起される同期パターンの設計・制御法
◎紅林 亘・中尾裕也(東工大)
非結合の振動子が共通ノイズ入力によって同期する現象を,ノイズ同期現象という.近年,この現象の理論的解明が進み,工学応用が試みられているが,工学応用では同期状態の制御が重要な課題となる.そこで,本発表では,多様な同期状態を設計・制御する手法を提案する.提案手法は,安定な周期軌道を持つ任意の振動子に対して,任意の同期パターン(同期度の向上やクラスタ状態の形成など)を実現することが可能である.また,数値実験により,提案手法の妥当性を示す.