安全保障と社会を守るサイバーワールド
9月13日(水) 9:30-12:00
第2イベント会場(2号館221号講義室)
【セッション概要】 2020年の東京オリンピックを控え、開催日が近づくにつれ、世界各国から観光客やオリンピックのための競技関係者などが来日することから、快適な街づくりとして都市計画が注目されています。それと同時に、日本の安心安全な社会を築くこと、治安維持は社会にとって大切なことでもあります。そのため社会を脅かす災害や危機などの脅威に対応する科学技術や仕組みが求められています。
 社会の安全のためにテロや犯罪に対応するための技術、インフラを守るための技術、サイバーテロなどを防ぐための人材や技術、災害時の自助・共助・公助の役割に応じた技術と手法、リスクコミュニケーションのための技術、鳥インフルエンザなどの検疫に関わる技術など、社会を守るべく安全保障として取り組むべき課題が挙げられています。一方で、危機対応のための体制整備や研究開発など、国を挙げて対策に乗り出していますが、さまざまな場面で対応するためには多くの課題があります。レジリエンスな社会を築くためにも、事前、事中、事後の情報の共有や管理も含め、安全保障の重要性が改めて大きくクローズアップされてきました。
 そこで、安全保障として社会を守るために、どのような取り組みが行われているのか?また、どのような危険に対して対策をする必要があるのか?などをサイバーワールドの視点から考えていきたいと思います。
9:30-9:40 講演(1) 調整中
岡田 忠(茨城大学 大学院理工学研究科情報・システム科学専攻 博士後期課程)
【概要】 調整中
【略歴】 1971年、茨城県鹿嶋市生まれ。2012年茨城大学大学院 理工学研究科 情報・システム科学専攻 博士後期課程。情報保全、危機管理、災害リスク、リスクコミュニケーション研究、サイバーセキュリティ、GEOINT。パケット解析、Linuxを用いたシステムに関する評価、検証、システム構築。LinuxPCに関する評価、検証、システム構築及び推進、プロジェクトマネージメントなど従事。委員として、2006年から日本OSS推進フォーラム デスクトップ部会 メンバー。国際情報化協力センター(CICC)アジアOSS普及推進小委員会委員。電子情報通信学会第二種研究会サイバーワールド研究会専門委員。2014年デジタル・フォレンジック研究会 日本語処理解析性能評価分科会委員。サイバー防衛部会 課題検討整理分科会主査。いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会つくば市実行委員会 常任委員。
研究会・勉強会:デジタルフォレンジック研究会 、社会情報学勉強会 SocioInfo/安全保障勉強会 SecInfo主宰。OSS、情報セキュリティ、IT農業、スポーツIT、等。クライシスマネージャ(安全保障危機管理士)、第二種電気工事士など
所属学会:電子情報通信学会、情報処理学会、日本リスク研究学会、日本国際情報学会、戦略研究学会、IT農業プロジェクト
9:40-10:00 講演(2) 調整中
板橋 功(公益財団法人公共政策調査会 研究センター長)
【略歴】 準備中
10:00-10:20 講演(3) 調整中
安部川 元伸(日本大学 危機管理学部 教授)
【概要】 調整中
【略歴】 1952年神奈川県生まれ。1976年公安調査庁入庁後、国内、国際部門を担当し、1989年から本庁で国際渉外業務、国際テロ情報の収集・分析に当たる。国際調査企画官、公安調査管理官、東北公安調査局長などを歴任し、2013年退職。2015年から日本大学に奉職。総合科学研究所教授を経て2016年から現職。著作「国際テロリズム その戦術と実態から抑止まで」(原書房)ほか。
10:20-10:40 講演(4) 調整中
名和 利男(株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官)
【略歴】 準備中
10:40-11:00 講演(5) 調整中
濱田 昌彦 (株式会社重松製作所 営業本部 主任研究員)
【略歴】 準備中
11:00-11:20 講演(6) 調整中
渡邉 哲也(経済評論家 )
【概要】 調整中
【略歴】 作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。
11:30-12:00 パネル討論
コーディネーター:岡田 忠(茨城大学 大学院理工学研究科情報・システム科学専攻 博士後期課程)
【略歴】 1971年、茨城県鹿嶋市生まれ。2012年茨城大学大学院 理工学研究科 情報・システム科学専攻 博士後期課程。情報保全、危機管理、災害リスク、リスクコミュニケーション研究、サイバーセキュリティ、GEOINT。パケット解析、Linuxを用いたシステムに関する評価、検証、システム構築。LinuxPCに関する評価、検証、システム構築及び推進、プロジェクトマネージメントなど従事。委員として、2006年から日本OSS推進フォーラム デスクトップ部会 メンバー。国際情報化協力センター(CICC)アジアOSS普及推進小委員会委員。電子情報通信学会第二種研究会サイバーワールド研究会専門委員。2014年デジタル・フォレンジック研究会 日本語処理解析性能評価分科会委員。サイバー防衛部会 課題検討整理分科会主査。いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会つくば市実行委員会 常任委員。
研究会・勉強会:デジタルフォレンジック研究会 、社会情報学勉強会 SocioInfo/安全保障勉強会 SecInfo主宰。OSS、情報セキュリティ、IT農業、スポーツIT、等。クライシスマネージャ(安全保障危機管理士)、第二種電気工事士など
所属学会:電子情報通信学会、情報処理学会、日本リスク研究学会、日本国際情報学会、戦略研究学会、IT農業プロジェクト
パネリスト:板橋 功(公益財団法人公共政策調査会 研究センター長)
【略歴】 準備中
パネリスト:安部川 元伸(日本大学 危機管理学部 教授)
【略歴】 1952年神奈川県生まれ。1976年公安調査庁入庁後、国内、国際部門を担当し、1989年から本庁で国際渉外業務、国際テロ情報の収集・分析に当たる。国際調査企画官、公安調査管理官、東北公安調査局長などを歴任し、2013年退職。2015年から日本大学に奉職。総合科学研究所教授を経て2016年から現職。著作「国際テロリズム その戦術と実態から抑止まで」(原書房)ほか。
パネリスト:名和 利男(株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官)
【略歴】 準備中
パネリスト:濱田 昌彦 (株式会社重松製作所 営業本部 主任研究員)
【略歴】 準備中
パネリスト:渡邉 哲也(経済評論家 )
【略歴】 作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。